本文へスキップ

佑悠合同会社は在宅医療を推進するために医師と看護師が集まってできた会社です

TEL. 052-481-7881

〒453-0027 愛知県名古屋市中村区大門町19番地

介護者も楽な画期的ズボン「ユーボン」


    

介護者も楽な画期的ズボン「ユーボン」

 

ユーボンは、主に寝たままで腰を浮かすことが難しい方のための
ズボンで、これを着ることでご本人にとっても介護する人にとっても負担が少なく着替えやオムツ交換ができます。

寝たきりの人への通常のズボンの着脱にはコツがあり、熟練の人には簡単かもしれませんが慣れていない介護者にとっては大変な作業です。急いでいる時など無理に引っ張ると、やられた方は痛みのためますます身体が固くなって非協力的になるし、布とこすれて褥創の原因にもなります。

これまでも介護用ズボンはありました。例えばズボンの両端にファスナーをつけたり、マジックテープをつけた商品です。でも、それでは付け外しが面倒だったり、繰り返しの洗濯に弱いという弱点があります。

私達の結論はまず、洗濯と安全の点から平ボタンが一番、ということでした。平ボタンはファスナーやマジックテープよりも洗濯に丈夫、ということは日常洗濯をする人ならうなずいて下さると思います。そして安全、というのは、例えば、ファスナーでは着用者の皮膚を噛んだりしないか、マジックテープでは接着面がずれてその面に皮膚が当たり怪我をしないか、という懸念があるので、介護者はとっても気をつけて慎重にそれらを扱う必要があります。急いでいる時は結構イライラします。そしておむつ交換の時はたいてい急いでいます。また、薄暗い中で操作をしなければならない場合が多いので、その点でも平ボタンを触りながらの操作はとても安全確実です。

そしてもうひとつの着眼点は「寝巻き」。日本の浴衣に似たあれ、です。寝巻きはウエストの紐一本で身体に定着していて、その紐を締めたり解いたりするだけで着脱できます。本当に便利なので、病院用寝具は寝巻きが多く使われています。しかし、しかし、油断すると足元がめくれて股の方まで露出しちゃうんですよね。絶対人前ではベットから移動しない、というなら寝巻きで良いかもしれなけれど、時々は車椅子に移動してお部屋の外に出してあげたい、となるとやはりズボンが良いよなあ…。ということで、なんとかズボンだけど寝巻きのようにワンポイントプラスαで着脱できないか、と考えました。そこで、何故に寝巻きは着脱が簡単なのか?と、じーっと見ていたら、秘密は布の重なりの部分が多いことだ、ということに気が付いたのです。

それらの着眼を重ねてできたのがこのユーボンです。平ボタンの配置には、体位交換をしてもまず通常は当たることのないであろう場所を選びました。脇の明け方は何度も試作品を作り、大きすぎず少なすぎずの位置を探りました。これにより、着脱が簡単なだけでなく、オムツが濡れていないかを簡単に確認できるようになり、また尿パットの交換は着たままでも行えるようになりました。

特に施設において介護者の負担は大きく、急いでいる時にオムツの状態を確認したくてもなかなかできず、結果としてシーツまで溢れてしまい、シーツ交換のためかえって仕事が増えてますます負担が大きくなって、の悪循環を断ち切る一助になります。

こうしてユーボンはできました。特許出願もしました。次にすることは、たくさん作って売ることです。

デザインと布のアドバイスもいただける縫製関係会社の協力を得て作成にこぎつけました。
当社にお問い合わせをください。

   ( 現在、上着も開発中です!)



バナースペース

佑悠合同会社

〒453-0027
愛知県名古屋市中村区大門町19番地

TEL 052-481-7881
FAX 052-481-7773